服を売る アイロン クリーニング

服を売る前にアイロン?クリーニングタグは?【高く売る方法!】

 

服を売る場合、クリーニングに出したり、アイロンをあててから査定に出したほうがいいのでしょうか? リサイクルショップなどで服を売るためのコツなどをご紹介します。

 

やっぱり綺麗な方が高く売れるの?

 

 

リサイクルショップなどで服を買い取ってもらう時には、なるべく状態がいいモノのほうが高く買い取ってもらえる傾向にあります。服が汚れていたり、傷が付いているような状態では、査定額が低くなるばかりか、買い取りを拒否されることすらあります。

 

では、どの程度まで綺麗にしておく必要があるのでしょうか?

 

基本的に、洗濯できるものについては、洗濯をすることをおすすめします。洗濯シワがある状態の場合には、アイロンがけをしてから査定に出すことをおすすめします。

 

クリーニングのタグは、ついていたほうがいいの?

 

家庭での洗濯が難しい服については、クリーニングに出すことも選択肢の一つですが、ブランド力のない一般的な服の場合には、最悪kgあたりいくら、という非常に安い買い取り価格になることもあります。その場合、服の買取価格よりもクリーニング代のほうが高く付くということも十分ありえますので、注意が必要です。

 

また、クリーニングのタグがついているものについては、クリーニングを行ったという証明になりますので、つけておくことも作戦の一つだと思います。ただし、クリーニングタグの日付が何年も前という場合には、何年もほったらかしていたというネガティブな印象を与えることにもなりますので、逆にない方がいいでしょう。

今話題の高額買取サービス人気TOP3











このページの先頭へ戻る