フリーマーケットで服を売る

フリーマーケットで服を売る!集客のコツ?【高く売る方法!】

 

フリーマーケットを利用して、服を高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

 

フリーマーケットとは?

 

 

フリーマーケットとは、広場や公園などで不要品などを売買する市場を指します。よく、自由な市場という意味で「Free Market」といわれますが、本来は、蚤の市の蚤(Flea)から「Flea Market」というが正式な名称です。

 

フリーマーケットでは、不要な品を必要とする人が購入して使うリサイクル運動が根底にあり、少資源化やエコにつながる運動として、近年各地で盛況のうちに行われています。

 

フリーマーケットで服を高く売るコツは?

 

フリーマーケットで不要な服を売ることももちろんできます。では、フリーマーケットで服を高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず、商品をお客さんから見やすいように展示します。展示スペースを美しくディスプレイすることもお客さんに来てもらいやすくするテクニックの一つです。また、服などの値段も商品と並んで見やすく表示します。フリーマーケットでは、お客さんが表示価格から値切ることが多いので、売りたい価格よりも高めに設定しておくことも一案です。

 

ただし、周辺の店を見て、自分の店の商品価格が高めになっていないことを確認しておくことが重要です。同じような品の価格が高く表示されていれば、お客さんの足が遠のくおそれがあります。

 

後は、足を止めてくれたお客さんとうまくコミュニケーションをとって、商品を売ることができれば目的達成です。このコミュニケーションについても巧拙の差が出やすいので、フリーマーケットに出店する前に、自分が客となってフリーマーケットを訪れ、買いたくなる店にはどのような特徴があるか、調査をすることをおすすめします。

今話題の高額買取サービス人気TOP3











このページの先頭へ戻る