委託販売で服を売る

委託販売で服を売る?業者選定方法はコレ!【高く売る方法!】

 

委託販売で服を高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

服の委託販売とは?

 

 

服の委託販売とは、業者に売りたい服を渡して、オークションなどで売ってもらうシステムです。通常、オークションへ出品する際に、1品ごとに支払う委託手数料と、売れた代金の総計の中から業者へ支払う売上報酬があり、これらを差し引いいた額が売主へ支払われます。

 

最低販売価格やいつまで売るか、などは業者と売主が相談のうえ決めたり、業者が独自の判断で設定したりします。売れなかった商品については、業者側が送料を負担する形で売主へ返送されることが一般的です。

 

委託販売を行う業者は、いわばオークションのプロですから、どのようにすれば服が高く売れやすいかというノウハウを持っています。従って、素人がオークションの手続きを行うより、高値で服が売れる可能性が高いといえます。ただし、業者へ支払う手数料や報酬が差し引かれることを考慮に入れておく必要があります。

 

委託販売で服を高く売るには?

 

委託販売では、服が売れても売れなくても、1品ごとに数100円程度の委託手数料を支払わけなればなりません。従って、10品の販売を委託した結果、1品も売れなかった場合には、服を売るというそもそもの目的が達成できないばかりか、逆に数1000円を支払うことになります。そのような事態にならないよう、服が売れない場合には販売価格を引き下げて売ることになります。

 

委託販売の場合には、委託する業者によって、販売価格が変わります。いたずらに販売価格を引き下げず、適正な価格で販売を行う業者を、インターネットの口コミサイトの評価などを参考に選定することをおすすめします。

今話題の高額買取サービス人気TOP3











このページの先頭へ戻る