服を売る リサイクルショップ

服を売る!どのリサイクルショップが最適?【高く売る方法!】

 

リサイクルショップで服を高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

 

リサイクルショップとは?

 

 

リサイクルショップとは、中古品や未使用の新古品などを不要とする人から買い取って、必要とする人へ売却する店舗です。リサイクルショップと一口にいっても、ブックオフなどのように東証一部に上場している大企業から、個人経営のリサイクルショップまで、様々な形態があります。また、最近は、インターネットや宅配などを利用して、店舗を持たずにリサイクル業務を行っている、宅配買い取り業者など、新しいリサイクルショップの形態が出てきています。

 

リサイクルショップで服を高く売るには?

 

リサイクルショップで服を売る基本は、店頭へ売りたい服を持ち込んで、その場で査定をしてもらう方法です。その場で査定結果がでますので、スピーディに服を売ることができます。ただし、リサイクルショップの問題点は、スタッフの服に対する知識によって、査定額が大きく変わるということです。せっかくのレアな人気商品でも、スタッフがその服の価値を知らなければ、安い査定額しかつきません。

 

従って、人気のあるブランド服については、個人単位やアルバイト店員が査定するようなリサイクルショップに持って行くよりも、ブランドを専門に取り扱っている宅配買取り業者など送るほうが高い査定額が期待できます。

 

一方、ブランド価値があまりないと思われる服の場合には、幅広く買い取りを行っている業者でなければ査定額がつかないということもあり得ます。

 

このように、売ろうとする服のブランド価値や人気に応じて、買い取り業者を賢く選ぶことがお勧めです。

今話題の高額買取サービス人気TOP3











このページの先頭へ戻る